博多タクシー暴走

また自動車事故のニュースです。高齢者ドライバーの事故もそうですが、ここ最近、自動車事故が本当に多いなぁと思います。
今回は、福岡市博多区の総合病院にタクシーが突っ込んで、10人が死傷した事故です。病院の200メートル手前からものすごいスピードで走行してきたとのことで、逮捕された運転手は、ブレーキを踏んだが止まらなかったと話しているそうです。
ただ、車体の点検は怠ったりしていないとのタクシー会社の話もあるので、運転手がブレーキとアクセルを間違えたのか、何かの病気で意識を一時的に失ったのかなのかなと思います。
運転手の方は、長年運転しているベテランで、これまでも特に大きな事故はなかったとのことなので、本当に何がおこるか分からないなと思いました。

ニセ秋田犬、中国で広がる

日本で天然記念物に指定されている秋田犬。この偽物が中国で広がっているという。悪質な中国のブリーダーが雑種を秋田犬だと偽って販売しており、子犬を数頭しか産まないはずなのに10数匹産んだなどという報告が上がっているという。
公益社団法人「秋田犬保存会」が現状を調べ、対策にあたっている。
遠藤敬会長は「秋田犬という『日本古来の種』を守るため、保存会では血統証を発行しているが、中国では悪用・偽造されている疑いが強い。このまま放置しておくと、中国産の『ニセ秋田犬』が世界中に広まる恐れがある」と話す。
日本では、数万円から数十万円が相場とされているが、日本犬ブームでもある海外では数千万単位の値がつくこともあるという。
15年の段階で全ての国の秋田犬は3667頭とされていたが、今年8月までに4130頭に増えている。しかし、こんなに一気に増えることはありえず、ニセ秋田犬も含まれている可能性が高いという。
犬種となると、見ただけではわからないこともある。純血の秋田犬でなければ登録されないのか気になった。他の犬種との間に生まれたものは雑種に分類されえるが、どうなのだろう。

ローラ、バイオで渋谷ジャック

大人気ゲームのバイオハザード、映画も評判が高く、今年12月には新作である「バイオハザード:ザ・ファイナル」が公開される。前作終盤では、生き残った人類が要塞のような建物にこもり迫りくる大量のアンデッドやクリーチャーたちと戦いを繰り広げている様子が映って終わった。ゲームのキャラクターである、レオン、エイダも映画に出てきたため今後の展開がとても楽しみだ。また、タレントのローラが出演することでも話題となっている。
ファイナルのポスターは、公開をうけて渋谷の各地9ヵ所に貼ってある。このポスターは、27日から31日からゾンビメイクのローラにジャックされるという。
渋谷は、映画内では中島美嘉演じるアンデッドが出現した場所となっている。ローラは「渋谷に遊びに来るみんなも、ハロウィーンと冬の『バイオハザード』を楽しんで」とコメントした。
海外での実写化映画はさまざまレベルが高いためとても楽しみだ。公開は12月23日となっている。

急須のビニールキャップ

三重県四日市市の茶屋、「お茶の川村園」がツイッターに急須のビニールキャップはとっていいと投稿し話題になっている。
ツイートによると、あのキャップは輸送時のに破損しないようにつけるもので、つけたままお茶を注ぎ続けると茶渋や水垢がたまりやすくなり不衛生であるともしている。外すどころが捨ててもいいようなものなのだそうだ。
しかし、ビニールキャップだけでも販売されているため、わざわざ買ってつけるという人もおり用途が誤解されやすくなっている。
お茶の川村園は「使用中の破損防止として、熱湯利用を前提に作られていればアリかもしれませんが、その場合でもよく洗うなど衛生面を考えてご利用いただければと思います」とツイートしている。
筆者が使っている急須はもともとキャップがない注ぎ口の形をしているが、今後気にして見てみたいと思った。

踏切で特急と軽乗用車が衝突

15日午前10時半ごろ、北海道苫小牧市錦岡のJR室蘭線錦岡―社台間の覚生通り踏切で、札幌発函館行き特急北斗8号と軽乗用車が衝突し、軽乗用車に乗っていた男女2人が亡くなり、特急の乗客の男性1人が首などに軽いけがをしました。
特急には乗客・乗員約210人が乗っていたそうです。
現場は警報機と遮断機がある踏切です。
なぜ衝突事故は起きてしまったのでしょうか。
警報機などがあるということは、乗用車に乗っていた男女は電車が来るのが分かっていたはずです。
原因を突き止め、今後はこういった事故が起きないこと願います。

水族館でハロウィーン

栃木県大田原市佐良土にある水族館「県なかがわ水遊園」で、ハロウィーンに向けたイベントが行われている。
土日の午前中に行われる大水槽の清掃に、ジャコランタンのマスクをつけた「カボチャマン」があたるというもの。他の接客スタッフも、期間中が仮装をして業務を行うそうだ。
ここ数年、日本ではハロウィーンが爆発的なブームとなっている。仮装して町を歩くのも良いが、ハロウィンならではで行われるイベントにも目を向けてみてはいかがだろうか。
大きな水槽で淡水魚とともに泳ぐカボチャのダイバー、ぜひ見てほしいと思う。

「運動会やれ」脅迫で逮捕

茨城県日立市で、自身の子どもが学校の教員を脅迫した両親が逮捕された。脅迫内容が驚きだ。
茨城県警日立署は、同市の無職・生天目利明容疑者(50)とその妻で無職・由貴子容疑者(49)を暴力行為で逮捕した。
夫婦には子どもがおり、数日前に自宅に学校の校長と教員2人が訪問した際、「運動会をもう一回やれ」と包丁を突き付けて脅迫したという。その前も学校に対し運動会を延期しろと迫ったが当然聞き入れられなかった。
警察の取り調べに対し、夫の利明容疑者は容疑を否認し、妻の由貴子容疑者は「間違いありません」と容疑を認めたという。
どういった理由で子どもが運動会に出られなかったのは明記されていなかったが、モンスターペアレントとしてもやりすぎだと思う。学校も市立というだけで小中高どれなのかも不明だったが、子どもの肩身が狭くなるとは考えないのだろうか。

中学生が覚醒剤使用

愛知県岡崎市の中学に通う、15歳の女子生徒が覚醒剤使用で麻薬取締法違反容疑で逮捕された。
生徒は3年生で、警察の取り調べに対し「シャブを使いました。自分で使う目的で持っていました。」と容疑を見ろ眼ているという。自宅で覚醒剤を0.1グラム所持していたという。
発覚したのは、女子生徒が医療機関で血液検査を行った際、覚醒剤の成分が検出されたことがきっかけ。医師は警察に通報し、母親が自宅から覚醒剤を見つけたという。
いろいろと驚きを隠せない事件だ。まだ大学生が危険ドラックやハーブを持っていたという方が納得できる。一体中学生がどこから最も危険性と依存性の高い覚醒剤を入手したというのか・・・。

公園ベンチで男性死亡

22日午後10時10分ごろ、名古屋市中村区押木田町の押木田公園で、通行人から「公園のベンチで座ったまま動かない男性がいる」と119番通報がありました。
男性は搬送先の病院で間もなくなくなったそうです。
全身に殴られたような痕があり、男性が事件に巻き込まれた可能性が高いととのことで、身元の確認を急いでいます。
男性は50歳代くらいで、現場は名古屋駅の西約2キロの住宅街です。
男性に何があったのでしょうか。
トラブルに巻き込まれたのでしょうか。
事件ならば、犯人が早く見つかってほしいと思います。

ホラー映画に観客卒倒

先日、第41回トロント国際映画祭が行われた。このとき上映されたとある作品の内容がショッキングで、観客が卒倒し救急車で搬送される事態が起きていた。
映画の名前は「Raw/ロー」、カニバリズムを題材にした作品で猟奇的な映画であるミッドナイト・マッドネス部門にノミネートされていた。
監督はフランス人のジュリア・ドゥコルノー氏で、有名なカンヌ国際映画祭では国際映画批評家連盟賞を受賞している作品だ。
内容は、ベジタリアンの女学生が変わった風習の獣医大学に入ったことをきっかけにカニバリズムに目覚め・・・といったもの。今後も各映画祭で上映される予定だという。
ハロウィンにぴったりな刺激的なホラー映画、気になったらチェックしてみてはいかがだろう。