藤田ミノル

藤田ミノルは、掴みどころの無い魅力を感じさせるレスラーです。
大日本プロレス、みちのくプロレスを経て2002年に新日本マットに上がった藤田選手。
弱さを売り(?)に、佐々木健介に「5分で決着がつかなかったら俺の勝ち」というルールを飲ませて戦い、1分程度で健介のラリアットに沈みました。
ところがその後、ZERO1-MAXに上がりだすと見事な急成長ぶり。
佐々木健介をして、その成長を認めたと言います。
その後はタッグが中心ながらも、チャンピオンベルトを巻くようにもなり、新日に居た頃とは打って変わって活躍する様になります。
技の名前も「サスケだまし」などユニークなものがあり、ギャグ路線でも実力派という印象が強くある選手です。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks