なでしこ3連勝、首位でグループリーグ突破

FIFA女子ワールドカップのカナダ大会1次リーグC組の日本は、16日にエクアドルと対戦した。
大会連覇を目指すなでしこジャパンは、エクアドルに1-0で勝利をおさめ、C組首位で1次リーグを通過した。
すでに、16チームで行われる決勝トーナメントへの進出を決めていたなでしこジャパンは、第2戦のカメルーン戦から先発メンバーを7人入れ替えて臨んだ。
そして、前半の5分にエースの大儀見の今大会初となるゴールで先制をした。
だが、格下相手に追加点がなかなか奪えず、1-0で試合終了となった。
C組を首位で通過した日本の次の戦いは、日本時間の24日午前11時キックオフの決勝トーナメント1回戦に登場。
ベスト8入りを懸けて、A(オランダ)、B(タイ)、F組(未定)いずれかの3位のチームと対戦をする。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks