煙突の中で、空き巣が死亡

12月に入り、一層寒さが増してきた。12月と言えば、メインイベントはクリスマスだろう。トナカイにソリをひかせてサンタクロースがやってきて、枕元の靴下やクリスマスツリーの下にプレゼントを置いていく…。サンタクロースは煙突を通り、家の中に入ってくる。
ところがアメリカのカリフォルニア州では、煙突から侵入しようとした空き巣の男が死亡する事件が起きた。家主が帰宅後に暖炉に火をつけると、煙突の中から男の叫び声が聞こえたという。火を消して消防士を呼んだが、男は火傷と吸い込んだ煙が原因で死亡した。男は19歳、煙突の中で体が挟まり、身動きがとれなくなってしまったらしい。
あまりにも悲惨な結果となってしまったが、サンタクロースに子供からのリクエストを届ける大人には知っておいてほしい事件だと思う。煙突から入ってくるのは、本物のサンタクロースだけで充分だ。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks