干ばつで河川が渇水、数千匹のワニが危機

アルゼンチンとボリビアの国境沿いを流れるピルコマジョ川は渇水状態にあり、川辺や干上がった池では乾いた地表に横たわったワニの死骸が見られています。
また多くのワニが水や餌を求めて長距離を移動し、放牧地の池や井戸に姿を現すワニもいて、数千匹のワニが生存の危機に陥っています。
ワニたちを救おうと、新たに井戸を掘って水を確保したり川辺に餌用の生肉を置いたりと懸命に活動しているとのことです。
動物もひとつの命ですから、大切にしなくてはいけませんね。
仲良く助け合いながら動物とともに生きるって、とても素敵ですね。
ワニたちには、頑張って強く生きてほしいです。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks