鳥取砂丘でポケモンGO

先週末、日本でも配信が開始され話題となっているアプリゲーム「ポケモンGO」。懸念されていた歩きスマホや不法侵入などによるトラブルが相次ぐ中、鳥取県の平井伸治知事が鳥取砂丘の誘致に乗り出した。
鳥取砂丘は、広大な敷地で見渡しも良く万が一転んでも怪我をする可能性が低い安全な砂地だ。都心のように人に迷惑をかけながらプレイする必要もない。
知事は自ら砂丘でポケモンGOをプレイして、砂丘を「スナホ・ゲーム解放区」にすると宣言した。砂丘の砂とスマホにかけてスナホ・ゲームとした。
砂丘にはアイテムが手に入るポケストップを割り当て、都心とそん色なく遊べるようにするようだ。
同時に熱中症や砂丘に住む生き物へ注意なども呼掛けられているという。
夏休みは砂丘を歩いてポケモンを探してみるのも面白いかもしれない。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks