台風10号の影響

台風9号が通過したと思ったら、台風10号の上陸。東北の台風被害や影響はどのようなものだったのか。各地で避難勧告や警報が発令し、騒然となっていたようだ。
宮城県名取市では70代女性が、強風のため勢いよく閉まった玄関のドアで左手中指を切断する大けがを負っている。
青森県青森市内で70代男性が、強風のためはしごから転落しけがを負った。また、他の市でもけが人が確認されている。
岩手県の岩手町では国道沿いで倒木がおき、通行中のバキュームカーにぶつかったが運転手にけがはなかったという。
また、家屋への被害は民家6軒の屋根が吹き飛ばされたというもの。
各地で土嚢を積んだがそれをのりこえるほどに冠水し、東日本大震災の時の津波のようだったと語る市民もいた。
新幹線や航空機も運休や欠航となり、鉄道は約2万5500人、航空機は約5340人に影響が出たそうだ。
冠水すると、その後の後処理も大変だ。水不足を解消しても有り余る雨量だったのではないだろうか…。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks