武藤敬司

新日本プロレスで蝶野、橋本と共に「闘魂三銃士」として活躍し、その後全日本に移籍後は社長業も務めた武藤。
アメリカで忍者のペイントをし、毒霧を吐く「グレートムタ」としてブレイクし、以後日本マットに置いても素顔とムタを使い分ける器用さは、抜群です。
身体能力の高さで、ムーンサルトプレスやスペースローリングエルボーなど派手なパフォーマンス系の技を多用していた事から、純プロレスを展開する武藤が、強さの面を見せたのがUWFインターとの対抗戦における高田延彦戦でした。
ドラゴンスクリューから足四の字という古典的な技で勝利し、ある意味この試合がUインターの終焉となったのです。
元々柔道のオリンピック強化選手にまでなっていて、寝技の強さでは前田日明でさえ一目置いていた様なので、格闘路線でも強い選手ながら、一途に純プロレスを見せ続けるところに大きな魅力を感じます。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks