中学生が覚醒剤使用

愛知県岡崎市の中学に通う、15歳の女子生徒が覚醒剤使用で麻薬取締法違反容疑で逮捕された。
生徒は3年生で、警察の取り調べに対し「シャブを使いました。自分で使う目的で持っていました。」と容疑を見ろ眼ているという。自宅で覚醒剤を0.1グラム所持していたという。
発覚したのは、女子生徒が医療機関で血液検査を行った際、覚醒剤の成分が検出されたことがきっかけ。医師は警察に通報し、母親が自宅から覚醒剤を見つけたという。
いろいろと驚きを隠せない事件だ。まだ大学生が危険ドラックやハーブを持っていたという方が納得できる。一体中学生がどこから最も危険性と依存性の高い覚醒剤を入手したというのか・・・。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks