矢野通

矢野通選手と言えば、上田馬之助ばりの金髪スタイルとラフ殺法が売りのヒールレスラーですが、上田馬之助や後藤達俊同様に人の良さが随所に見られ、憎めないヒールとして人気があります。
デビューから数年でヒールとなった矢野選手は、その後GBH入りし真壁とのタッグでIWGPのチャンピオンにもなりました。
印象に残っている矢野選手の試合と言えば、後藤達俊選手とのG1クライマックス公式戦では、当時正規軍入りしていた後藤選手をヒールとして挑発する様な試合をしていた事です。
矢野選手がヒールとして活躍する様になった土台は、後藤達俊選手のみっちり指導にあった様なので、一見すると目立たないカードでしたが、感慨深いものがありました。
その風貌はヒールとしての貫録充分。
サマになっています。
どうしてもタッグマッチでのインパクトが大きいですが、シングルでもタイトル戦線に絡んで欲しい選手です。
今の新日のアングルではなかなか実現しないのでしょうが・・・。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks