踏切で特急と軽乗用車が衝突

15日午前10時半ごろ、北海道苫小牧市錦岡のJR室蘭線錦岡―社台間の覚生通り踏切で、札幌発函館行き特急北斗8号と軽乗用車が衝突し、軽乗用車に乗っていた男女2人が亡くなり、特急の乗客の男性1人が首などに軽いけがをしました。
特急には乗客・乗員約210人が乗っていたそうです。
現場は警報機と遮断機がある踏切です。
なぜ衝突事故は起きてしまったのでしょうか。
警報機などがあるということは、乗用車に乗っていた男女は電車が来るのが分かっていたはずです。
原因を突き止め、今後はこういった事故が起きないこと願います。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks