藤田和之

アマレス上がりで新日本プロレスに入門した藤田和之。
新日に在籍していた藤田は、前座扱いでありながらもドン・フライやキモとのシングルが組まれたり、格闘路線の試合ではお客さんもヒートアップしていました。
その後新日を退団すると、PRIDEで当時「霊長類最強の男」と言われたマークケアーに勝利し、一気にスターダムにのし上がります。
それにしてもガチ系に行って、すぐにあそこまでの活躍をするとは・・・
プロレスの試合での藤田と言えば、ボディスラム1つでマットの衝撃を伝えるのが凄いと思っていました。
前田日明もそうでしたが、格闘路線に向かう選手は前座でも壮絶な試合をします。
今度は誰と闘うのか、その対戦カードだけでワクワクしてしまう選手です。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks