小川直也

柔道王小川は、プロレスが下手だと言われています。
ただ、橋本戦(3戦目)以降の殺気立ったムードでの試合運びなどは、彼ならではのものでムードがあって私は好きです。
ハッスルの頃はエンターテイメントなので、あれはあれで、と思うのですが、やっぱり小川はヤルかヤラレルかの雰囲気が魅力なのではないかと思います。
柔道着を着てリングに上がっていた頃の小川には、この殺気というものが無く、勝ちブックの時に説得力がなかった気がします。
むしろ負け試合の方が面白く、グレートムタが小川を翻弄して完勝した試合では、武藤及び新日ファンの私としては大いに溜飲を下げました。
技としてはSTOはマットの衝撃が伝わってくる様で、迫力があります。
相手の受け身がうまいか下手かによってもだいぶ変わってきますが・・・
4戦目の対戦であれを何度も喰らった橋本は、小川の強さを存分に引き出していました。
結局、小川はプロレスの上手い下手に関わらずその存在感によって評価されるべきレスラーなのだと、思っています。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks