木戸修

新日からUWF、新日へまた戻った木戸修。
木戸修と言えばキドクラッチ。
サブミッションなのに丸め込んで3カウント、というのは非常に斬新で、これが決まって木戸がピンフォール勝ちすると、誰もが「オー!」と叫びたくなるだろう。
かなり前に引退してから、レスラー復帰もあったが、最近は殆ど試合をしていないと思う。
寡黙で、ひたすら自分のレスリングを展開し、淡々と試合を作っていく木戸修のスタイルが好きだった。

Comments are closed.

Categories
Bookmarks