返済が遅れそうなら

返済が遅れそう・・・

計画的に利用していても、急病や冠婚葬祭でどうしても返済が難しい月もあるでしょう。
もちろん毎回のように延滞していると最終的に債務整理を行うことになり自己破産となってしまう可能性もありますが、やむを得ない事情があるときは適切に対処することが重要です。

 

絶対にやった方が良いのは、金融企業への連絡です。
問い合わせ窓口からで良いので、なるべく早めに延滞しそうな旨を伝えます。

 

ちなみに、数日遅れる程度でしたら実は問題ないことが多いです。もちろん良いことではないのですが。
1ヶ月近く放置してしまうと督促状が届きます。さらにこれを放置して3ヶ月延滞すると保証会社から代位弁済が行われ、返済相手が保証会社に切り替わります。
契約の際に保証人をたてていると、保証人に返済請求がいきます。
そうなると保証人は、延滞していた返済金額と延滞したために発生した遅延損害金を支払わなければならなくなります。

 

返済が遅れれば遅れるほど、返済額は上がっていき、返済がもっと困難になっていくのです。
ですから早め、あるいは事前に伝えて置いた方がその後の対処方法について教えてもらえます。

 

連絡する時は、どういった事情で返済が難しいか、一斉の返済が無理なのか半額等少しであれば返済に充てられるのかなどを伝えます。
それからもう一つ重要なのは、遅れた場合いつなら返済できるかということです。

 

来月まで難しいのであればその旨を、その日限りが難しいのであればその旨を伝えましょう。

 

先ほど数日ならば問題ない可能性が高いと書きましたが、信用が下がることには違いありませんので日数に関わらず早めの連絡が大切です。

 

 

反対にやってはいけないのは、黙って延滞することです。
窓口のほか、ネット申し込みで契約したカードローンの場合は、会員ページなどからも連絡できます。

 

 

おすすめしないのは、返済が難しいことを理由に別のカードローンから借り入れることです。
その後必ず返済できることが分かりきっているならまだしも、多重債務は借金地獄へ近付く道でしかありません。

 

とにかくまずは連絡して事情を伝えるところから始めましょう。