専業主婦 担保 連帯保証人

担保・保証人・連帯保証人

担保って?

担保とは、融資を受けたものに対し、支払いが困難になってきた場合にお金の代わりに財産や土地を債権者に差し出すことをいいます。
基本的に、カードローンなどの消費者金融や銀行系カードローンは担保が必要ないところがほとんどです。ですが、限度額が高額になった場合はカードローンでも担保が必要になる場合があります。担保として適用されるものは、財産や土地がほとんどですが、預貯金や貴金属も対象となる場合があります。また、自動車ローンが完済されるまでは、その自動車が担保となります。
また、質屋に指輪などの貴金属を持って現金に換えることもありますがこれも担保と同じ原理です。この場合は指輪が担保となっています。なので、お金を返せば指輪は戻ってきます。ですが、お金を返せない場合は指輪は質屋のものになってしみますが借金は0になります。

 

保証人って?

担保には、物的担保と人的担保があります。この人的たんぽのことを「保証人」といいます。
人的担保とは、債務者以外の人に、借金の支払いを保証させることをいいます。
保証人の制度には「保証人」と「連帯保証人」の2つがありますが、多くの場合は保証人というと連帯保証人のことをいいます。
では、このふたつはどのように違うのでしょうか。

 

保証人と連帯保証人の違いって?

わかりやすくご説明をしますと、保証人は債務者がどうしても払うことが出来なくなった時に返済をする人のことをいい、連帯保証人は請求があれば債務者と同じように返済をしなければならない人のことを指します。
保証人の場合、借金をした本人に支払いの能力があれば、借金をした本人への取り立てが優先されます。
もう一方の連帯保証人の場合は、借金をした人と同等の責任を負うことになります。なので、債務者が借りた本人よりも連帯保証人の方が取り立てしやすいと思ったのならば、借りた本人に支払い能力があろうがなかろうが、先に連帯保証人に取り立てをすることが出来ます。

 

ですが、一般的な消費者金融では保証人や連帯保証人を立てる必要は基本的にはありません。