カードローンの勧誘事情

カードローンの勧誘事情

カードローンやキャッシングを利用すると、消費者金融に限らず銀行などから勧誘のDMが送られてきたり、電話がかかってきたりしますよね?
とくに、キャンペーン期間中などは多くの人に利用をしてもらいたいために、消費者金融や銀行などからカードローンのご案内やダイレクトメールが届いたりします。

 

ここで注意をしなくてはならないのが、勧誘だからと言って必ずしも借りることが出来るということではないということです。
たとえば、以前に借りたことのあるカードローン業者やキャッシング業者から「増額をしませんか?」という勧誘の連絡やメールが来たとしても、もうすでに審査が通っているというわけではないんです。
増額の勧誘の電話を掛ける段階では、増額可能の顧客に的を絞って電話をかけているのではなくて、電話などで増額の希望を聞いて確認をしてから審査をするそうです。
なので、増額をしませんか?と言われて、お願いします!と答えても、その後の審査で落ちてs舞うこともあり得るそうです。

 

しかし、勧誘はデメリットだけでなく、メリットもあるんです!
もう借り入れを希望していない人にとっては、ただの迷惑ででしかないのですが・・・
このような電話の中には、金利の引き下げの提案をする場合もあるそうです!金利の引き下げの場合、現在返済をしている残高が少なくなりますよね?なので、このような電話のこともあるので、勧誘の電話にたまには耳を傾けてみるのもいいかもしれませんね。