実質年率

実質年率って?

カードローンやキャッシング等でお金を借りるときには、利息が付きます。利子や金利といった言い方もしたりします。
利息とは、借りた金額(元金)に対して、返済の際にプラスして払うものです。
わかりやすく言うと、カードローン会社に支払う、手数料の様なものだと思ってください。

 

では、実質年利というものをご存知でしょうか?これはキャッシングの返済にプラスして支払うものです。なので、利息とは違います。

 

え?どういうこと?と思う方もいると思いますので、お借り入れの前にこれらをきちんと確認しましょう。
これを理解しておかないと、返済時に困ってしまうことがあるかもしれませんので、実質年率についてご説明します。

 

利息には、1日の単位でかかる「日歩」、1か月単位でかかる「月歩」、そして1年単位でかかる「年利」があります。キャッシング会社には年利での表記が義務付けられています。
なので、広告などでよく見かける、00%〜00%といったような数字の表記は1年で考えたときの利息ということになります。

 

このように、毎月の利息を計算することで毎月の返済額のうち、毎月いくらの元金が返済されるのか、どれくらいの期間を必要とするのかをシュミレーションできます。申込みや借り入れをおこなう前に返済シュミレーターなどを使って計算をしましょう。また、無理のない計画的な借り入れを心掛けてくださいね。