利息の計算方法

利息の計算方法

主婦の方で、急な出費などでお金の借り入れを検討されている方がいらっしゃるかと思います。
そんな方の為に、事前に知っておいた方が良い知識があります。

 

お金を借りる際に知っておいてほしい知識として、「利息の計算方法」の知識があると損をしない利用ができると思います。
お金を借りると返済の時に「利息」というものが発生します。利息というのは、お金を借りる際の手数料のようなものだと思ってください。
広告などで金利何%と書かれているのを目にしたことがあるかと思います。
この金利というのが、借りたお金に対してかかってくる手数料の割合です。手数料を計算する際に、返済期間なども関係してきます。

 

 

「利息=利用残高×実質年率÷365×利用日数」となります。

 

 

たとえば、10万円を実質年率18%で借りた場合、1か月(30日間)にかかる利息は、
「10万円×0.18÷365×30」なので、1,479円 ということになります。
借り入れの1カ月後に1万円を返済したとすると、1万円のうち、1,479円が利息に充当され、残りの8,521円が元金の返済にまわされます。
1万円の返済後の残高は、
「10万円−8,521円」なので、91,479円となります。
元金10万円が、91,479円に減ったということです。
次の1か月間(30日間)にかかる利息は、
「91,479円×0.18÷365×30」で、1,350円 となり、次の1か月にも利息として1,350円がかかってきます。

 

このように、利息というのは毎月支払い続けるものです。
これは、元金が0になるまで続きます。
当然、返済の期間が長くなると利息も増えてきますので、できるだけ早くに返済することが負担を少なくするコツではないでしょうか。
以上の事をふまえて、金利の低いところで借りて、なるべく早くに返済するのが上手に利用する為の知識と言えるでしょう。
知識を事前につけて損をしない利用をしましょう。