夫の信用情報に傷がつく?

夫の信用情報に傷がつく?

専業主婦でも借りられるといっても専業主婦は収入がありませんので、返済は夫の給料から、という事になりますよね。夫が家に入れているお金又は自分に小遣いとして渡されるお金から返済を行うことになります。
ですが、夫の給料が減ってしまったり、その月は出費が多くなり夫からこれ以上お金を要求できなかったりして返済が出来なかったとします。そういった時、実際にお金を稼いで返済を行っているのは夫だから、信用情報に傷がついてしまうのは夫の方なのではないか?と心配される方もいると思います。返済するお金を稼ぐのが自分でないので、そういったことを心配して借り入れを行うことを迷っている方も多いですよね。

 

しかし、専業主婦が借りたお金を返済することが出来なくても夫の個人信用情報に傷がつくようなことはありません。個人信用情報に延滞などの情報が載るのは借り入れを行った本人のみになります。ですので、返済の遅延等を行ってしまったとしても、遅延を行ってしまった自分の信用情報に載りますので、夫の信用情報には何も起こりません。
例え自己破産などの返済事故を行い、いわゆるブラックリスト入りをしてしまっても、その記録も自分の信用情報にしか載りませんし、ブラックリストに載るのも自分のみになります。

 

ですので、夫がカードローンを借りようとしたときや、車のローンを組もうとしているときに知られてしまう、というようなこともありません。
このような仕組みから、誰にも知られずに借り入れや返済が出来るようになっています。